あんどぷらす15周年パーティー盛況でした。

mmochiこと望月です。

2015年11月13日(金)にあんどぷらすの15周年パーティーイル・パパトーレにて開催いたしました。

15周年記念パーティーを開こうと思い立ったのは今回会場を提供していただいたイル・パパトーレの20周年パーティー(2015年5月)に参加したことがきっかけです。
高校の同級生、行部澤くんがオーナーを務める伊風居酒屋さん。すげーな20年。
いろんな人に支えられてることを再認識した。やってよかったと行部澤談。
俺も感謝を示すためにもやったほうがいいかなと思いまして。

あんどぷらすらしさを出して、参加してくれた人に楽しんでもらおうとそれなりに事前準備を重ねてきました。
あんどぷらすはここにいるんだと少し自己主張したいともw

準備はほとんど嫁さんとスタッフがしてくれまして。ビンゴの景品をどうしようかとか、特設サイトを作ろうとか、クイズを出して大判振る舞いの景品を用意しようとか、フォトプロップスを嫁さんがいそいそと準備したり。
そうそう、ケーキとクッキーをあんどぷらすのサービス「ウルトコ」デザインで特注したり。(はるちゃんありがとう)

当日もスタッフみんなで受付やら席の案内とか写真撮影とかクイズの解答動画を上映したり、参加者と歓談したりきっちり対応してくれました。みんなありがとう。

私自身は司会進行しただけ。かなりアバウトにw

参加いただいた方たちには楽しんでいただけたんじゃないかと勝手に解釈しております。いささか意図しない動きもあったように見受けられますが。。

今回のパーティーで改めて感じたのは、あんどぷらすって地元の制作会社さんとの付き合いがとても少ないにも関わらず、何社かの同業者さん、全くの異業種さんからも参加いただけたことで、思っているよりも多くの方に気にかけてもらって支えられているんだという現実。
静岡法人会青年部、静岡商工会議所青年部、中高同級生、静岡産業技術専門学校の教え子と教員の方々、同業者さん、私と嫁さんの服をいつも見繕ってくれるアパレルショップのオーナー夫妻とそのお客さんたち。とてもとても感謝しています。

あんどぷらすが楽しんで仕事をしていること、スタッフ全員で取り組めること、幸いにも多くの方に愛されていること、再認識するとともに今後も肝に銘じて頑張っていきたいと思います。

当日撮影した写真は特設サイトにアップしますが、ひとまず開催直前のスタッフの雰囲気だけこちらに。

IMG_0608   IMG_0642  IMG_0621 IMG_0626 IMG_0627 IMG_0628

「しんきんフェア静岡2015」無事終了しました

2015年10月14日に「しんきんフェア静岡2015」に出展しました。

出展内容は、越境ECに強いネットショップ構築・運営サポートサービスの「ウルトコ」でした。
取次等行っていただく「ウルトコサポーターズ」も興味を持っていただき上々の反応でした。

ひとつでもふたつでもビジネスに広がりが出ると幸いです。

皆さんと協業していけると良いなぁと思っております。

しんきんフェア静岡2015「越境ECに強いウルトコ」を出展 2015-10-13 18.43.30 2015-10-13 18.43.55 2015-10-14 09.50.41 2015-10-14 09.51.11 2015-10-14 09.51.37 2015-10-14 10.24.33 2015-10-14 14.04.55

CS-Cart静岡セミナー無事終了しました

あんどぷらすで会場手配等を行った「CS-Cart静岡セミナー」が無事終了しました。

「CS-Cartのデザインワーク」と「ウルトコの紹介」をmmochiが担当しましたが時間配分に失敗したため駆け足過ぎるお話となりました。すいませんでした。。

IMG_0103 IMG_0104 IMG_0105 IMG_0106

日経新聞静岡版に掲載されました

先日(2015年10月14日)の日本経済新聞静岡版に掲載されました。
記事内容は「ウルトコ」に関してのサービス開始の記事。

全国版でも取り上げられるようになりたいですね!

2015-10-14 日経掲載記事

CS-Cart V4系用 ポイント拡張アドオン

CS-Cart日本語版、V4系用のポイント拡張アドオンリリースしました。
内容はこれまでのバージョンと同様です。

 

#できること

  1. 会員登録時のポイントプレゼント(「ログイン時」のキャンペーン追加)
  2. ログイン時のポイントプレゼント(同上)
  3. 初回購入時のポイント利用制限
  4. 商品ごとのポイント利用上限の設定
  5. メールテンプレートへの保有ポイント数表示
  6. メルマガへの保有ポイント数表示

 

#導入方法

解凍したファイルをディレクトリ構造そのままにアップロードします。
上書きファイルがあるのでバックアップを必ずしてください。
また、独自のテーマを使用している場合はテーマ用ディレクトリ名のリネームが必要です。

 

#注意

コアに準ずるファイルをやむなく改変しています。
改変レベルはオリジナルのフックポイント追加とキャンペーン用の項目追加です。
アップデート時には注意してください。

 

#購入方法

下記販売サイトから入手してください。価格 30,000円(税抜き)

 

CS-Cart日本語版V4系用 ポイント拡張アドオン

CS-Cart PHP開発をPSR-1/PSR-2 standards 準拠に

mmochiです。

今更感もあるわけですが、あんどぷらすのPHP開発をより厳格にPSR-1/PSR-2 standards 準拠していこうと。
というのも、これまで開発は私一人で行ってきたのですがさすがにいつまでもそんなわけにもいかず、「開発スタッフを育てる」もしくは「開発スタッフを雇用する」必要に迫られています。

私一人で開発する際には私がPSR-1/PSR-2 standards 準拠に気をつけてコーディングすれば良かったわけですが、スタッフが増えるとそのばらつきも懸念せざるを得ない状況になります。

本来、コーディングルールへの準拠は開発の本質とはかけ離れていると考えます。
コードの整形に時間を割くのは本末転倒であるということです。

そのため、コードの整形は極力ツールに任せようという方針のもと、開発ツールの統一化、整形ツールの統一を進めていこうと思っています。
成果物の品質担保、メンテナンス性向上につながることを期待します。

 

#概要(とあるところからの抜粋翻訳)

  • PSR-1に準拠。
  • インデントには4つのスペースを使用し、タブは使用不可。
  • 行の長さに対してのハードリミットはNG。ソフトリミットは120文字を上限とし、実際は80文字以内に抑えるべき。
  • 名前空間定義のあとには空行が必須。use定義ブロックのあとにも空行必須。
  • クラスの開き括弧は次の行に記述。閉じ括弧は本文最後の次の行に記述。
  • メソッドの開き括弧は次の行に記述。閉じ括弧は本文最後の次の行に記述。
  • アクセス修飾子は、全てのプロパティ、メソッドに定義。abstractとfinalはアクセス修飾子の前に定義、staticはアクセス修飾子の後に定義。
  • 制御構造の開始時は、その後に1スペースを開ける。メソッドや関数の呼び出しはスペースを開けない。
  • 制御構造の開き括弧は同じ行に記述。閉じ括弧は本文最後の次の行に記述。
  • 制御構造の開始前のスペースはNG。閉じる際もその前のスペースはNG。

PHPのコーディング規則だけでなく、HTML、CSSのコーディングルール、各種命名規則も明確にしていこうと思っています。

CS-Cart 標準のカード決済

mmochiです。

CS-Cartの古いものはカード情報をDBに格納することも出来たのですが、現行バージョン(V3以降)ではカード情報は保持しなくなりました。

POSTされた値をシステム側で受け取った時にマスク処理してしまいます。(数字を*で置き換えます)
カード番号、CVV、有効期限にマスクがかかります。

また、V2まではカード情報を保持できたため、保持したカード番号に対してカード会社を判定することもできていましたが、これもまた当然ですができなくなっています。

つまり、「標準のカード決済」を利用していて、カートで顧客にカード情報を入力していただき、受注情報のなかでカード情報を確認した後にオーソリ処理を行うといった運用はできなくなっているということです。
(カード情報を別の仕組みに再入力するということですね)

ですが、極稀に上記の運用をしたいというクライアントもあります。
そんな時にはマスク処理をスキップし、カード情報によってカード会社を判定するということが必要になります。
この場合はSSL必須で、カード情報をサーバーに保持することのリスクを理解の上、カスタマイズのご用命をください。(おすすめはしません。可能な限り避けたい運用です。)

CS-Cart V4系 通知ウィンドウについて

mmochiです。

V4系の通知ウィンドウについて記述します。

※通知ウィンドウとは?

標準では表示されてから5秒で消えるように設定されています。
これを自動で消えないようにすることが出来ます。(手動で消す事ができるのはそのまま。)

V4系においては少し注意する必要があります。

ショップインショップ(複数ショップ機能)を利用している場合、「単一のショップとして運用している場合と挙動が異なる(ように見える)」ことに注意が必要です。

◇単一ショップとして運用、もしくは「すべてのショップ」として管理画面を閲覧している場合、

管理画面>基本設定>表示設定

の一番下に「通知ウィンドウの表示時間 (自動で非表示にしない場合は0を入力):」という項目があります。
ここを「0」と設定すると自動で消えないようになります。(括弧書きで書いてあるとおりですが。。)

◇注意すべきは、複数のショップを登録してあり、そのうちのひとつのショップとして管理画面を閲覧している場合です。

このときは上述の設定項目は表示されません。
ショップ全体の管理権限がある場合にのみ設定が可能だということになります。

これはつまり、「複数ショップの個々のショップで異なる設定にすることは出来ない」ということと同義です。

スクリーンショット 2015-01-26 13.51.43

CS-Cart V4.2.4の言語設定について

mmochiです。

最新の「CS-Cart日本語版 V4.2.4-jp-1」の言語設定について記述します。

V4.0.x からの変更で言語をPOファイルで管理するようになりました。
ただし、管理画面から任意で言語ファイルのみを更新できるようになるのはV4.1.xからとなります。

一般設定 -> 言語 -> 言語の管理 -> 任意の言語の「歯車アイコン」 から、
「POファイルを利用して更新」
を選択し、編集した日本語版アドオンのPOファイルを読み込ませれば更新できます。

このPOファイルはV4.2.xからは「コアに対応するもの」「エディションに対応するもの」「アドオンに対応するもの」と種類が増えています。(V4.2.xより前のものでは言語ごとにひとつのPOファイルのみでした。)
つまり、アドオンの構成も変わったことを意味しています。

V4.2.4

スクリーンショット 2015-01-18 21.19.10

V4.1.5
スクリーンショット 2015-01-18 21.15.50

V4.0.3

スクリーンショット 2015-01-18 21.12.40

 

言語ファイルは下記のような構成になっていますのでCS-Cartの構造を理解していないとイチから作るのは難しいかもしれません。(下記は日本語版アドオンのPOファイルの一部です)

msgid “”
msgstr “”
“Project-Id-Version: cs-cart-latest\n”
“Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n”
“Language-Team: Japanese\n”
“Language: ja_JP\n”
“Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n”
“X-Generator: crowdin.net\n”
“Last-Translator: cscartjp <info@cs-cart.jp>\n”
“PO-Revision-Date: 2014-07-17 04:42-0400\n”

msgctxt “Addons::name::localization_jp”
msgid “日本語版アドオン”
msgstr “日本語版アドオン”

msgctxt “Addons::description::localization_jp”
msgid “CS-Cartを日本でのECサイト運用に最適化します”
msgstr “CS-Cartを日本でのECサイト運用に最適化します”

msgctxt “SettingsSections::localization_jp::general”
msgid “General”
msgstr “基本設定”

msgctxt “SettingsOptions::localization_jp::elm_contact_information”
msgid “連絡先情報”
msgstr “連絡先情報”

アドオン開発する場合にはこれまでどおりのaddon.xmlファイルにnameタグで記述しても機能しますが、後方互換として残されているだけだと思われるので新しいルールに則って作ったほうが良いでしょう。

<item id=”elm_contact_information”>
<name>連絡先情報</name>
<type>header</type>
</item>

addon.xmlファイルに関して、これまでこのように記述していたものは下記のようになります。

<item id=”elm_contact_information”>
<type>header</type>
</item>

言語ファイルに関しては下記のようになります。

msgctxt “SettingsOptions::localization_jp::elm_contact_information”
msgid “連絡先情報”
msgstr “連絡先情報”